プーアール茶ドットコム

【プーアール茶リストに戻る】


厚紙7532七子餅茶プーアル茶

hou zhi qi wu san er

厚紙7532七子餅茶プーアル茶
厚紙7532七子餅茶プーアル茶

厚紙7532七子餅茶プーアル茶 1枚 約350g
2007/06/10 終了

製造 : 1986年
茶廠 : 雲南孟海茶廠
茶山 : 西双版納孟海茶区
茶樹 : 大葉種 喬木
茶葉 : 3級ー6級 新芽を含む
工程 : 生茶
倉庫 : 香港乾倉(期間不明)

甘味
●●○○○
渋味
●●●○○ 軽快な渋味
とろみ
●●●●○
酸味
●●●○○ 柑橘類の酸味
苦味
●●○○○ 軽快な苦味
香り
●●●○○ 橙香、梅香、蘭香、樟香、花蜜香
熟成度
●●○○○ 倉庫での熟成やや弱め

西双版納の若葉や新芽が多用された、キリッと引き締まった酸味のある生茶です。茶商の倉庫でほどよく熟成され、まろやかでもあり、春のような華やかさのあるお茶です。

孟海茶廠(メーカー)の茶号:7532は、1970年頃から茶葉のブレンドを研究されています。「75」は1975年ごろから作り始められたことを表し、「3」は3級茶葉を中心に配合されていること、つまり小さめの若葉で作っていることを表し、「2」は孟海茶廠に国が割り当てた番号を表します。

小さめの若葉でブレンドされる生茶の餅茶(円盤型の固形茶)を、「小葉青餅」とも呼びます。「7532」と、それより少し大きめの茶葉で作られる「7542」が、小葉青餅の代表的です。
「7542」は、孟海茶廠で毎年作り続けられる常規茶となりますが、「7532」は、茶商からのオーダーをもとに作られます。そのため、「7542」よりは、市場での数はやや少ないと言えます。
「7542」の生い立ちについては、「七子小緑印圓茶7542の散茶」のページをご参照ください。
+【7542七子餅茶の生い立ち】

「7542」の前身となったのが「七子小緑印圓茶」ですが、「7532」の前身となったのは、「七子紅帯青餅」ではないかと見ています。茶葉の配合具合といい、試飲した風味といい、共通するものが感じられます。
+【七子紅帯青餅プーアル茶】

その他にも、「7532」の配方のプーアル茶を紹介しています。
+【雪印青餅80年代7532七子餅茶】
+【大益7532七子餅茶06年】
+【7532七子餅茶薄紙80年代】


包み紙が厚紙タイプのものです。「7532」は茶商からのオーダーにより作られますが、ちょうどこの年の茶葉が良かったか、それとも良質な茶葉が選ばれたか、数の多い薄紙タイプのものよりも、市場での評価は高くなっています。近年の製紙技術の向上により、薄紙が丈夫になってからは、厚紙はあまり使われなくなりました。厚紙は、包んだときにシワが目立ち、美しく見えにくい欠点があります。

厚紙7532七子餅茶プーアル茶
厚紙7532七子餅茶プーアル茶
表:3級を中心に新芽の混ざる若い茶葉が配置されています。
裏:4~6級くらいまでの大きめの茶葉が配置されています。
原料となっている「晒青毛茶」は、手作業による「揉捻」がされていて、茶葉は湾曲し捻れています。それが餅面に流れのような美しい模様となって現れています。

全体的に小さめの茶葉が多く使用されている 「7532」は、保存の難しい生茶の餅茶のひとつです。小さめの若葉や新芽が圧延によってカチカチに固まると、きっちり詰まりすぎて、茶葉と茶葉の隙間がなくなり、空気の通りが悪くなります。温度や湿度の高い茶商の倉庫に入ると、茶葉に湿気が溜まりやすく、お茶の味を悪くする原因になります。

餅面の中央あたりはとくに、小さな茶葉が使用されて、圧延がもっとも強くなる部分のため、茶葉がきっちり詰まっています。
この「厚紙7532七子餅茶」は、比較的乾燥した香港の茶商の倉庫に保存されていたため、かすかに白露と呼ばれる、茶葉が湿ったときに成分が浮き出て白くなるところがありますが、全体的な茶葉の熟成具合はとても良い状態です。

厚紙7532七子餅茶プーアル茶
厚紙7532七子餅茶プーアル茶
上: 「7532七子餅茶」1980年代末期
下: 「厚紙7532七子餅茶」このお茶
ほぼ同じ年代の「7532」の裏面の写真です。
上の写真のものは、当店では仕入れなかった「7532七子餅茶」です。保存環境の湿度が強すぎて、失敗しています。餅面は全体的にくすんで見えます。それに対して 「厚紙7532」は、餅面にツヤがあります。見かけはほんの少しの差ですが、味の差は大きく現れます。上の写真のは、かび臭く、油っぽい風味があります。それに比べて「厚紙7532」は、熟成の具合はほどよく、「7532」の独特の軽快な風味が損なわれていません。

厚紙7532七子餅茶プーアル茶
厚紙7532七子餅茶プーアル茶
上:、「7542七子餅茶」1991年
下: 「7532七子餅茶」このお茶
「7542」の茶葉の配合は全体的には3級ー6級と、「7532」とほぼ同じなのですが、「7542」のほうがやや大きめの茶葉で構成されています。上の2つの写真を見比べると、茶葉の大きさの違いから、「7542」の表面は荒っぽいデコボコした質感、「7532」はそれに比べてきめが細かく、整った質感に見えます。
「7542」のほうが通気性が良いため、比較的湿度の高い環境でも、具合よく熟成することができます。
「7532」は、通気性が悪くなるため、 やや乾燥した環境で保存されたもののみが、美味しく仕上がります。そのため、上手に熟成された「7532」の数は市場に少なく、「7542」に比べると希少です。

厚紙7532七子餅茶プーアル茶
餅茶の端のほうは、大きめの茶葉が多いこともあって、年数を経ると、すきまが多きくなり、手でもカンタンに崩せます。茶葉の形を傷めないように崩すのがコツです。茶葉が傷まないないほうが、雑味が少なく、澄んだ風味が楽しめます。


厚紙7532七子餅茶プーアル茶

厚紙7532七子餅茶プーアル茶
煎じるとゆっくりと色が出てきます。明るい栗色をした透明な湯は、比較的乾燥した環境で保存されていたことを証明しています。

厚厚紙7532七子餅茶プーアル茶
厚紙7532七子餅茶プーアル茶
厚紙7532七子餅茶プーアル茶
葉底(煎じた後の茶葉)
茶葉の色や形から、やわらかな新芽や若葉が多いのがわかります。
小さめで尖ったように細く、金色をしているのが新芽です。鶯色や栗色に変色した少し大きめの茶葉が3~4級の若葉で、もっとも多く配合されています。茎の部分は、「7542七子餅茶」と比べるとやや少なめです。

厚紙7532七子餅茶プーアル茶
「梅香」と呼ぶ、 ほのかに梅の木のような香りがします。上品な甘味、キリッと引き締まった酸味、軽くサラッと口の中を過ぎてゆく苦味と渋み。バランスの絶妙な生茶です。

厚紙7532七子餅茶プーアル茶

量の目安にしてください。
+【5gの茶葉でどのくらい飲めるか?】

安いお茶ではありませんので、
少しでも迷われたら、お気軽に質問などください。
+【店長に質問など】


お客様の感想

福岡県 H.Tさま
この味!と思いました。美味しいお茶をありがとうございます。

北海道 I.Kさま
今回試した生茶の中では一番好みでした。1・2煎目からじわりとにじむ上品な甘みが何ともいえません。「ロイヤルな風味」とは言い得て妙でした。よい熟茶の出がらしからでる甘みを濃くしたらこのようになるという感じです。ついつい杯を重ねる味です。
--------------------
久しぶりに飲みましたが、5グラム投入したこともあり、酸味・渋み・フルーティな香り・鉄分味がとても強く 感じました。以前は透明感のある熟茶の出がらしのような印象だったのですが、 今回はいかにも生茶、という感じ。前回も煎じ方の違いで印象がかなり変わった 記憶もありましたが。  おかげで最初の数煎はまだ飲み頃ではないのでは?と思わましたが、 かすかに甘みもあり、香りもスパイス系・フルーツ系が漂いとても良い 気持ちです。酸味や柑橘系芳香が強いのは今回は固まりの部分だったので それらの成分が閉じこめられていたためでしょうか。以前のお試しでは この柑橘系が分かりませんでした。  7~8煎を越えるあたりから厚い渋みがはがれ、透明な甘みが姿を現しました。 煎じる時間をちょっと長くするととたんに酸味・渋みがよみがえりますが、 強くはありません。熟成の仕方も違いますが、同興號のような穀物系とは また違った種類の良いお茶ですね。

静岡県 T.Tさま
スッキリ感がたまらなくよかったです。ほんのり柑橘系の香りも上品。全体的に角がとれて丸い感じのするお茶で、飲むときを選ばないというか、いつもんでも美味しいです。


つぎにこのプーアール茶はいかがでしょうか?
雪印青餅80年代7532七子餅茶
雪印青餅80年代7532七子餅茶
+【このプーアール茶の詳細】

92紅帯青餅プーアル茶
92紅帯青餅プーアル茶
+【このプーアール茶の詳細】


【プーアール茶リストに戻る】

プーアール茶・プーアル茶の専門サイト

請別轉用盗用本网站的文章和照片
当サイトの文章や写真を転用しないでください
Copyright puer-cha.com All rights reserved.