プーアル茶のことならプーアール茶.com

【プーアール茶リストに戻る】


天字沱茶90年代初期プーアル茶

tian zi tuo cha 90s

天字沱茶90年代初期プーアール茶
天字沱茶90年代初期プーアル茶

天字沱茶90年代初期プーアル茶 1個 約240g
2010/01/08 完売

製造 : 90年代初期
茶廠 : 雲南孟海茶廠
茶山 : 西双版納孟海地区
茶樹 : 大葉種
茶葉 : 2級ー5級
工程 : 熟茶(重発酵)
重量 : 230-250g
倉庫 : 香港湿倉→常温乾倉

甘味
●●●○○ 穀物の甘味
渋味
●○○○○
とろみ
●●●●○ おしるこ的
酸味
●●●○○ 鈍い酸味
苦味
●●●○○ コーヒーの苦味と酸味
香り
●○○○○
熟成度
●●●●● 熟成かなり強め

香港の茶商「南天公司」により監修され、孟海茶廠でつくられた熟茶の沱茶(お碗型の固形茶)です。
熟茶なので、すでにメーカーで十分に発酵させてあり、出荷されてすぐにでも、口当たりのやわらかなお茶となっているのですが、さらに香港の倉庫にて、これ以上はないというほどに熟成しきっています。
もはや、お茶の香りや渋みではなく、コーヒーのような風味が楽しめます。

「天字沱茶90年代初期」は、1990年頃に香港の南天公司から一度だけ孟海茶廠にオーダーして作られたお茶です。

天字沱茶90年代初期プーアル茶
天字沱茶90年代初期プーアル茶

------------------------------------------------
■南天公司について
「天字沱茶」の名前にもなっている「天」の文字は「南天公司」のことです。銘茶「厚紙8582七子餅茶」も南天公司がオーダー生産したお茶です。そのほかにも「紫天熟餅」などが、南天公司の手がけたお茶として有名です。
+【厚紙8582七子餅茶プーアル茶】

南天公司
天字沱茶の「天」は、南天公司の「天」のマークです。

南天公司の創設者の周琮氏は雲南出身で、雲南の巨商「伍集成」に勤めた後、「南天貿易公司」(以下、南天公司)を創設します。周琮氏の父親がミャンマーで宝石商をしていたこともあり、はじめは宝石を扱っていたようです。

文化大革命(1966年5月から1976年10月)の混乱によって、香港への茶葉の供給が不足していることに着眼し、プーアール茶の仕事が始まります。その当時、雲南のプーアール茶の生産・販売は国によって管理されていたため、雲南で自由にお茶を作ることができません。そのため、雲南の茶葉の運搬に便利な、近くのタイに私設工場をつくり、渥堆加工の熟茶のプーアール茶の生産が始まりました。タイの北部の山岳地帯は、雲南と同じ少数民族がお茶の栽培技術を受け継いでいます。また、雲南の茶葉の産地を流れるメコン川によって、ベトナムやタイへの茶葉の運搬がされていました。

文化大革命が終わりに近づき、先に雲南に戻っていた周琮氏の父親の意向で、1970年代後半に周琮氏も雲南省の昆明に戻ることになりました。 1979年からはプーアール茶の老舗国営メーカーである昆明茶廠や孟海茶廠に出入りし、知識や技術を交換しました。この交流がきっかけで、「天」のマークが入る南天公司のオーダー生産のお茶がつくられ、香港に輸出されることになりました。

1980年代には、南天公司は、孟海茶廠のお茶をもっとも多く取り扱う茶商のひとつとなり、茶号「7542」、「7532」、「7572」のほか、散茶7級、8級、9級、10級などを大量に扱いました。1985年には、名作「8582」をオーダーしました。

1993年以降は、取扱が少なくなり、 南天公司はその後1996年頃に解散したという話を聞きましたが、理由はわかりません。
------------------------------------------------

白露(バイルー)?
天字沱茶90年代初期プーアル茶
茶葉の表面には、白くなったところがあります。白露(バイルー)といわれる、茶葉が湿ったときに成分が浮き出て白くなるものですが、温度と湿度が適切であれば、熟成具合に問題はありません。

この「天字沱茶」は、香港の湿倉と呼ばれる、やや湿度の高い倉庫に入れられて、強く熟成されたものです。
過去に保存された倉庫の履歴をたどってみると、
----------------------
1.香港の湿倉に2年
2.香港の常温乾倉に11年間
3.広東の常温乾倉に2年間
4.上海の常温の棚に1年
----------------------
合計16年の熟成期間ですが、だんだんと湿度の高いところから、湿度の低いところに移動しています。湿倉や乾倉から、常温の乾燥した倉や小売店の倉庫に移すことを「退倉」といいます。湿倉で強く熟成したものは、強い発酵臭のある風味になりますが、「退倉」されて、さらに13年もの歳月をかけてゆっくりと熟成されることにより、クセが抜けて上品な風味へと変化しています。
常温の乾燥した倉庫では、夏季以外には菌類の働きによる発酵は少ないと思われるので、成分変化を主体にした熟成がすすんでゆきます。
+【茶商の倉庫がプーアルの味をつくる】

湿倉加工には、茶葉に直接水をかける「重湿倉」のイメージがあります。インスタントに長年熟成したような風味が作れることから(実際は似ても似つかない風味なのですが・・・・)、お土産屋さんや大衆食堂のプーアル茶の加工や、偽物作りに使われる技術であるために、業界での印象は良くありません。
また、茶葉に水気が多すぎると、発酵にムラができ、お茶の味を悪くする成分ができてしまいます。そのような理由で、湿倉のお茶には、空気の通りが良くて管理が容易な散茶(バラバラの茶葉)が多く、湿倉の散茶はそのまま売られたり、成型して、小沱茶や工夫茶(いろいろな形に成型したもの)にして売られることがあるようです。

天字沱茶90年代初期プーアル茶
天字沱茶90年代初期プーアル茶
茶葉に鼻を近づけても、ほとんど香りがしません。
固形のプーアル茶を崩す時に、年代モノであっても、指には茶葉の繊維の弾力を感じるものなのですが、この天字沱茶の茶葉は、まるでクッキーでも崩すかのように、ボロッともろく崩れます。この質感からしても、熟成しきった様子です。

追記:2011年6月
西双版納にて自ら手配した茶葉で熟茶の渥堆発酵を経験した、「版納古樹熟餅2010年プーアル熟茶」のお茶づくりからわかったことですが、「天字沱茶90年代」の茶葉は渥堆発酵のときの熟成が強く仕上がっているために、葉底が黒く変質しているようです。
南天公司の周琮氏が孟海茶廠と技術交流したときに、この「天字沱茶90年代」のベースとなる「大益甲級沱茶」の渥堆発酵に対して、特別な注文をしたと考えられます。
+【版納古樹熟餅2010年プーアル熟茶】

天字沱茶90年代初期プーアル茶
天字沱茶90年代初期プーアル茶
天字沱茶90年代初期プーアル茶
天字沱茶90年代初期プーアル茶
ゆっくりと黒く赤い茶湯がにじみ出ます。
香りは弱く、熟茶のプーアール茶によくある土臭さなど全くありません。「重発酵」という言葉の印象とは逆に、味には透明感があります。いつものように程よく煎じると、香りや渋みがほとんどないため、ちょっと物足りない感じさえします。
ちょっと濃すぎたかな?と思うくらいに煎じると、穀物のような風味に、ちょっとだけ苦味や酸味が効いて、お茶ではない別の飲み物のようです。
何煎かすると苦味は弱まり、甘味が際立ちます。さらに煎じると、味は弱くなるものの、かすかに薬味や陳香の年代モノの生茶の風味に近づきます。
このお茶は濃いめに淹れ、3煎めくらいまでの苦味と酸味を楽しむのが面白いと思います。

天字沱茶90年代初期プーアル茶
天字沱茶90年代初期プーアル茶
5煎めの茶葉(葉底)です。
かなりくたびれてポロポロで黒々としています。
2級~5級の混合茶葉です。
ちらほらと見える小さな若葉は、色に赤味が強く、熟成の良さが現れています。

天字沱茶90年代初期プーアル茶

天字沱茶90年代初期プーアル茶


お客様の感想

広島県I.Yさま
プーアールもあれこれ飲んでみましたが、あの時購入した早期紅印春尖散茶と天字沱茶90年代初期は、自分が経験したプーアールの中でもずば抜けて素晴らしい物だったと思います。

東京都 M.Kさま
謳い文句は、「コーヒーのようなコク」。 そんなお茶があるのか?と思っていたのですが、 濃い目に入れて飲んでみると、まぎれもなく コーヒーのような風味がします。驚きました。 初めてプーアール茶を試される方にとってはあまり 向かないかもしれませんが、そのときの気分に応じて 飲むお茶をいろいろ変えてみたい方にとっては、手元に 置いておくと、たまに手を伸ばしたくなるお茶になるのではないでしょうか。

広島県 N.Fさま
天字沱茶は普通に淹れても美味しいですし、何回も淹れた後、ストーブの上で煮出したのが美味しいです。

東京都 M.Sさま
最初は熟茶ということでしたのであっさり煎れたら、なんか味がなく、これはしっかりと煎れないとおいしくないお茶だなと思いました。しっかり煎れますと水色は濃い栗色で、透明感はあります。香りは熟茶っぽいですけど、茶葉からはやや穀物を炒ったような香ばしい香りが微かにあるような。味はコーヒーを例えていましたので、アメリカンをもうちょっと薄くしたようなさっぱりとした味わいでした。
この酸味が口の中を潤し、胃を活発にさせる感じでしたので、食事中に飲むプーアールに向いているのではと思います。
あと、とくにこれが驚いたのが、熟茶なのでそんなに煎がきかないかなと思っていたら、でるわでるわで生茶よりでるのではと驚きでした。とにかくコストパ フォーマンスが高い!

大阪府 K.Iさま
天宇トウ茶は、コーヒーより美味しいですね!?
薫りの豊かなお茶を頂くことが続くと、何故か飲みたくなるお茶です。

北海道 I.Kさま
「重発酵」「エスプレッソのような」というコメントから強い苦みを想像していましたが、案に相違する上品ですっきりした飲み口に驚きました。濃く入れると確かに苦みは感じますが、きりりと引き締まっていて心地よく感じる種類の味です。
たしかに「湿倉」は世間では大変なマイナスイメージで、熟茶ですら原理主義の方からは批判の対象になっていますが、このようなお茶を飲むと、プーアル茶は一筋縄ではいかないなと感じます。

茶葉の量のめやすは以下をご参照ください。
+【5gの茶葉でどのくらい飲めるか?】

+【出涸らしプーアル茶がうまい!】

保存方法については、以下のコーナーをご参照ください。
+【プーアール茶の保存方法】

+【店長にメール】


つぎにこのお茶はいかがでしょうか?
大益甲級沱茶98年プーアル茶88年
+【このプーアル茶の詳細】


【プーアール茶リストに戻る】

プーアール茶・プーアル茶の専門通販

請別轉用盗用本网站的文章和照片
当サイトの文章や写真を転用しないでください
Copyright puer-cha.com All rights reserved.