プーアール茶 プーアル茶専門の通販

【プーアール茶の淹れ方】


蓋碗と生茶のプーアール茶

蓋碗は生茶のプーアール茶にぴったりの茶器です。
その魅力を紹介します。
(※過去にブログ茶想に書いていた記事の編集です。)
なお、アウトレットにて販売中です。
【白磁の蓋碗140ccプーアール茶用】

生茶のプーアール茶に蓋碗


■蓋碗での淹れ方
気軽にお茶を飲むためのカンタンな使い方を紹介します。
自分で飲むようなイメージなので作法は考慮しません。

生茶のプーアール茶に蓋碗1. 茶葉を入れる。
生茶のプーアール茶に蓋碗2. 洗茶の湯を注ぐ。
湯は半分くらい。サッと一瞬で十分です。
生茶のプーアール茶に蓋碗3. 湯をすてる。
蓋をずらして湯をこぼします。茶盤がなければ、捨て湯用の杯がひとつあればよいでしょう。
生茶のプーアール茶に蓋碗
生茶のプーアール茶に蓋碗4.再度湯を注ぐ。
生茶のプーアール茶に蓋碗湯を適量注いでから、すぐに蓋をします。
生茶のプーアール茶に蓋碗蓋をすると湯があふれてくることがあります。
そのまま持つと熱いので、蓋のツマミをつまんで蓋碗を傾け、少し湯をこぼすとよいでしょう。
生茶のプーアール茶に蓋碗5.杯に注ぐ。
生茶のプーアール茶に蓋碗一回ごとに注ぎ切って残さないのがコツです。
生茶のプーアール茶に蓋碗蓋をあけて茶葉の熱気をとり除きます。
生茶のプーアール茶に蓋碗飲み終わったらまた熱湯を注ぐ。
生茶のプーアール茶に蓋碗
何煎でも、味が無くなるまで楽しめます。

アウトレットにて蓋碗販売中
【白磁の蓋碗140ccプーアール茶用】


■手のあじわい
手にしっくりくる蓋碗があると、お茶を淹れたくなります。
蓋碗の口の縁の薄いところを、くすり指と親指で支えてそっと持ちあげると、なぜかもっと持ちやすく便利にできた茶器よりも心をくすぐります。

蓋碗の形は原始的でシンプルです。
そのまま傾けるだけでは、滴が縁を伝ってポトポト下へこぼれます。このことを手は経験的に知っていて、公杯とか湯飲みとか目標の器に向かって、ちょっとだけ勢いをあたえて注ぎます。
そのほんの数ミリほどの手首や指の動作に、「美味しいお茶になれ!」という気持ちがこもる。そんな気がします。 傾けるだけでピューと勢いがついて上手に注がれる茶壺ではこうはゆきません。

蓋碗の機能や造形は昔からほとんど進化していません。
それにもかかわらず、現在も人気を維持しているのは、お茶を淹れる動作に手の味わいがあるからでしょう。

生茶のプーアール茶に蓋碗

■使いこなす
蓋碗には使いこなす面白さがあります。
使いこなすのには少し熟練を要し、たとえ慣れてきてもちょっと気を抜いたとたんに指先に熱い湯がかかって失敗します。
それにもかかわらず、なぜかまたこれをつかってお茶を淹れようという気になります。

例えば、自転車はバランスをとって自らペダルを漕がなければなりません。だからといって、2輪から3輪になったり、原動機がついたりはしません。自転車は自転車でずっと同じ形を維持しているのは、乗りこなす面白さがあるからでしょう。
蓋碗にもそんな身体的な面白さがあります。
便利になることよりも、上手になることの喜び。それが勝っている道具です。

生茶のプーアール茶に蓋碗

だれもが幼い頃に小さな器に水を入れたり移したりして遊んだことがあったと思います。水と器と手との物理法則をそうして学びました。
蓋碗は大人にもこれを学ぶ機会を与えてくれます。

■意思のある味
蓋碗のほとんどが白磁という素材でつくられています。
これはお茶の味を変えにくい性質があるので、 渋いも苦いも甘いも、素直に現れます。直線的に出てくることで、個性の尖った味になりやすいともいえるでしょう。
茶葉の量、湯の量、湯の温度、蒸らし時間、などなど、それらのちょっとした違いが味の違いに現れます。
例えば、車のハンドルでいうところの遊びが少ないスポーツカーのようなレスポンスがあります。
使いこなすほどに、ちょっとした違いを表現しやすいので、「今日のこのお茶はどんなふうに淹れてやろうか」と、意思の求められる道具となります。
誰が使っても同じ結果になる便利な道具とは逆の性質。
そこが、蓋碗のカッコよさでしょう。

生茶のプーアール茶に蓋碗

■生茶と蓋碗
蓋碗はどんな種類のお茶にも使えますが、
プーアール茶については「生茶」との相性が良いです。
蓋碗の形状や素材は保温性に少し弱いので、高温でじっくり煮出すようにして抽出するのは苦手です。
プーアール茶の「熟茶」は、どちらかというとじっくり抽出する美味しさに魅力があるので、湯のたっぷり入るポットや、保温性の高い他の素材の茶器のほうがよい場合があります。

生茶のプーアール茶に蓋碗

生茶はその名前の通り「生茶」にはデリケートなところがあります。
サッと湯を切って、一煎一煎の移り変わりが楽しめます。
一煎めの熱湯を注いでから、茶葉には刻々と熱(火)が通ってゆきます。風味の変化もまた刻々とすすみます。
蓋碗で調整するのは蒸らし時間だけではありません。まずは茶葉を見て、その形状や色や質感から、熱のとおり方や成分の抽出され方を予測します。そして、茶葉の量、湯の温度、蒸らし時間、抽出濃度、などなど、微妙な相互関係を考慮します。

生茶のプーアール茶に蓋碗

はじめからピタッと決まることなどありません。
しかも生茶の茶葉の性質は産地によって個性があります。しかし、同じ産地のには似たような性質もあります。
経験を積むほどに、ピタッと決まりやすくなるでしょう。
そのように慣れてきたら、つぎは風味の輪郭の出し方、余韻のふくらまし方、甘味の調整などなど、泡茶(お茶を煎じる)ひとつに一生修行のできることを知るはずです。

生茶のプーアール茶に蓋碗

■蓋碗の選び方
蓋碗は単純な造形ながらも様々な印象があります。
上等なモノはその美しい清楚なたたずまいに、お茶を淹れるときの背筋がすっと伸びるような気がします。
しかし、はじめて手に入れる場合は、造形よりもまずは機能面を確かめましょう。また、割れモノなので、白磁の無地で、練習用になる比較的安価なものからはじめるのがよいでしょう。

取っ手のない蓋碗は、どうしても指の当たるところが熱くなります。
そのため口の部分が外側へ大きく反ったもののほうが、熱の伝わりが少なく、使いやすいといえます。

プーアール茶の場合、とくに生茶は「雲南大葉種」の特徴が現れた大ぶりの茶葉を煎じることになります。そのため、自分の手の大きさに合う範囲でよいので、大きめのサイズを選ぶとよいでしょう。

生茶のプーアール茶に蓋碗

蓋碗の口径が同じでも、底の深いのと浅いのがあります。
j深いほうが湯がたっぷり入りますが、プーアール茶にはやや深めの湯のたっぷり入るもののほうが、高温の湯でじわっと抽出することができるので、相性がよいと思います。

【白磁の蓋碗140ccプーアール茶用】


生茶のプーアール茶に蓋碗

■お問い合わせやご意見
ご意見・ご感想お待ちしております。
+【店長にメール】


【プーアール茶の淹れ方】

プーアール茶 プーアル茶専門の通販

請別轉用盗用本网站的文章和照片
当サイトの文章や写真を転用しないでください
Copyright puer-cha.com All rights reserved.